株式会社フォーシーズ ~宅配ピザ『ピザーラ』で業界トップ。50業態超、1,300店舗以上を展開~

Vol.2 フォーシーズ設立まで

株式会社フォーシーズ 代表 淺野 秀則 

[もっとみる]

―フォーシーズ設立まで―

【齋藤】

色々なアルバイトをやりながら卒業されて、それから10の事業をやったというのは淺野さんの有名な話ですね。その中で特に思い出に残るビジネスってどういうのがあるんですか。

【淺野】

やはり最初に、旅行(ビジネス)をやりながら、まあ学生がターゲットだったので夏休みと冬休み、春休みが忙しくて、それ以外の時は暇になるわけですね。そこで皆が集まれて、そのメンバーで盛り上がれるような店をつくろうということになりまして、丁度高田馬場に良い物件があって、そちらのほうで店をオープンしました。

【齋藤】

それは何屋さんなんですか。

【淺野】

要するにクラブハウスというか喫茶店で、皆が集まって、飲めたり騒いだり、お料理も提供する。ところが、我々は今、いろんな事業の中で1000軒ぐらいやっているんですが、その第1号店ができて10日目で火事になったんですね。大変な事故でした。

【齋藤】

それで火事になって、怪我をされたということでしたけど。

【淺野】

火がぱっと起きた瞬間に思ったんですね、「あ、火災保険入れるのを忘れた」と。まさか10日で火事が出ると思わなかったので、本当に安い材料で作っていましたし、ばーっと火の手が回ってしまって。

【齋藤】

別の筋で聞いた話では、1階の店舗の2階に寝たきりのご夫婦がいて、この人達に迷惑をかけてはいけないということで火に飛び込んだというのが真相みたいで、あまり自分からは仰られないですけども、そういう事もあったんですか。

【淺野】

大家さんだったんですけども、実際に体を悪くしてて奥さんの方が寝てらっしゃったということで、これは万が一燃えたら周り中が大変なことになると思いまして、それで火の中に飛び込みました。

【齋藤】

それはなかなかそう思っていてもできないことで、淺野さんのその後の色々なお仕事、あるいはフランチャイジー、社員との関係なんかでも、非常にヒューマニズムというか人を大事にするっていう原型みたいなお話で、よく分かりますね。

【淺野】

火は消したんですけど、結果、300針、3度火傷で、顔もぐちゃぐちゃで。よく怒髪天を衝くという言葉がありますけど、今より長い髪が一瞬にして立つんですね、人間って恐怖を感じると。それを見て自分でびっくりして笑ったのを覚えていますけど、もう笑うどころじゃなくてですね、本当に生きるか死ぬかで、本当に長く入院しました。

【齋藤】

人生最大のピンチの1つでしたね。あとは、ラーメン屋とか、レンタルビデオとか、それと宝石を今の奥さまと一緒に担いで、地方まで回ったとか。

【淺野】

日本中回ったり、実際そこに行くまで色々な失敗を繰り返していたんですけれど、結局自分の中で天職って何だろう、天の職って本当に自分のどこにあるんだろうなと、ずっと探し歩いたんですね。ところがなかなかそれに巡り会えなかった。僕はその時社長(妻)と色々と動いていた時だったんですけど、最初の頃、健康食品の販売とかもやったりもしまして、それで日本全国各地に売って歩いたりしたんですね。宝石も同じように売って歩いて。やっぱりセールスって本当に大変なんだなと思いました、毎日毎日新しいお客様を開拓していかなければいけないので。

その後、ラーメン屋を1年位やって、それを僕は人に貸すんですね。そうしましたら、月々30万で貸せた。これがまあ儲かったんですよ。ちょっと振り返った時に、このラーメン屋さんっていうのは黙ってても、どんな状況になっても月々30万持ってきてくれる、何か飲食業でそういうのはないだろうかなというのを、この時、ぼんやりと思い始めていたんですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 淺野 秀則
役職 代表

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案