株式会社カクヤス ~いつでも、どこでも、どれだけでも運ぶ「カクヤス」常識破りの戦略~

Vol.4 「なんでも酒や」誕生秘話

株式会社カクヤス 代表取締役社長 佐藤 順一 (2015年3月取材)

[もっとみる]

―「なんでも酒や」誕生秘話―

【佐藤】

それまで拡大路線を歩んでいたお酒のマーケットが1996年を境に縮小に転じたんです。更にお酒の規制緩和が決まり悲惨な状況になるのは目に見えていました。それまでは酒屋との戦いだったのですが、コンビニやスーパーなどもライバルになり勝てないと思いました。店づくりではスーパーに敵わない、利便性ではコンビニに敵わないと。だったら配達で勝負するしかないと思いました。

お酒の無料配送に目をつけられたら、スーパーがヤマト運輸にアウトソーシングして参入してくるだろうと思いました。お届けで生き残るためにはヤマト運輸ができないサービスをするしかないが、思いつかない。物流でヤマトに勝つなんてありえないと思いましたが、ふと思ったのは、ヤマトにできないサービスを実現するには場所、ロット、時間の制限をなくす必要があるということです。一本から二時間でどこでも冷えたビールが無料でくるというのはヤマトも出来ないと考えました。そしてこれでやってみようと思いました。

都内に137店舗を目指して出店を始めたとき、店名を「なんでも酒やカクヤス」に切り替えたんです。

社長プロフィール

President's profile
氏名 佐藤 順一
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案