株式会社エニタイムズ ~地域活性から国際支援へ!若き女性社長がつくる新たなCtoCビジネスとは~

Vol.4 今後の事業展開

株式会社エニタイムズ 代表取締役 角田 千佳 (2015年9月取材)

[もっとみる]

―今後の事業展開―

【聞き手】

今やっていらっしゃる事業なんですけど、それこそ御社と同じような、スタートアップベンチャーと提携されたりとか、あと商店街の活性化のお手伝いをされていらっしゃったりとか、色々あると思うんですが。近い将来、社長がやっていきたいと思っていらっしゃることはどんなことですか。

【角田】

まず力を入れたいと思っているのは、各地域でコミュニティをつくることで、リアルのマーケティングですね。

それでこういう新しい働き方とか、新しいアウトソーシングの仕方とか、新しいサービスについての説明する機会だとか、実際にその地域にいらっしゃる弊社のユーザーさんが集まって、そこでコミュニティをつくる、お互い情報交換ができる場というのを様々な地域で開催をしていって、そこで根強いファンをつくっていくというのが、今一番力を入れているところですね。

【聞き手】

地域活性化ということで、まだまだ出来ることが日本の中でもたくさんあると思うんですが、将来的には、もっと長期で見た時には、子供の頃からの夢だった国際支援というところにも向かっていきたいと思っていらっしゃる。

【角田】

はい、そうですね。そこがやはり一番、目標としている最終的なゴールなので、途上国の街づくりを、今この日本でやってる街づくりのビジネスのノウハウを生かして、全く同じ形というのは難しいと思うので、それをカスタマイズしてグローバルに展開していけたらと考えています。

【聞き手】

ちなみに、いくつぐらいにそれをやりたいなというのはおありですか。

【角田】

10年以内にはやりたいなと思っています。

【聞き手】

では急ピッチで次の事業も広げていかないといけないわけですね。

【角田】

そうですね。今はインターネットというのがあるので、実際に弊社がやっているのもインターネットビジネスなんですが、これって本当にどこにいても出来るビジネスだったりするので。

しかも今言語に関してもグローバル化も始まっていて、出来ることというのは広がってくると思うので、せっかくなのでそれをどんどんスピード感を持ってやっていきたいなと思っています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 角田 千佳
役職 代表取締役

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案