株式会社Preferred Networks ~トヨタ、パナソニック、ファナックなどと業務提携するIoTベンチャー~

Vol.2 Preferred Networks誕生秘話

株式会社Preferred Networks 代表取締役社長 西川 徹 (2015年10月取材)

[もっとみる]

―Preferred Networks誕生秘話―

【聞き手】

学生時代に起業されてらっしゃるんですけども、元々小さい頃から将来は経営者になりたいみたいな夢はあったんですか。

【西川】

あんまり経営者になりといとか思った事はないですけれども。ただ、小学校の頃とか中学生の頃って、マイクロソフトが全盛期だった頃で、ソフトウェアを使って世界を変えていく、世界で使われるソフトウェアを作るという仕事は面白いし、やっぱりコンピューターの世界って、要はプログラムさえ作れればいいっていう所だと私は思っていたので、なのでそれは自分で会社を作るって選択肢もあるんじゃないかなっていうのは、思っていましたね。

【聞き手】

起業するに至ったきっかけというのは、どういう事なんでしょう。

【西川】

私が大学院の1年生の頃にバイオベンチャーでバイトした事があるんです。友人が働いてたバイオベンチャーで働いていた事があって、そこでベンチャーというものを知ったっていうのが、一つのきっかけで。もう一つは、IPAという組織が経済産業省の下にがあるんですけども、その主催で水戸プロジェクトっていうプロジェクトがあって、そこで国からお金を貰って色々ものを作ったりするんですけど、そのプログラムに参加している人って結構起業したりする人も多くて、そういうアドバイザー制度、要は起業したい人はアドバイスを受けられるような制度があって、そういうものを通じて、会社を作るという選択肢がどんどん具体化されてきたという形になります。

【聞き手】

研究開発とか、そういったものだと、やっぱり大手の起業に入って、そこで言ったら資金的な所があまり自分で何とかしなくても、会社が何とかしてくれた中でやっていくっていう研究されてる方も多いかと思うんですけど、そういう選択肢って言うのはあまり考えられなかったんですか。

【西川】

要は、組織の中で活動していくと、組織が向かっている方向性に考えが制限されてしまう部分もあったりとか、制約も多いなと思っていて。私自身大学の研究室で仕事していたんですけども、結構自分の成果が対外的に出るって事はあんまり、自分の名義で出るという事はそんなになくて、どちらかと言うと、そのプロジェクトに参加していると、そのプロジェクトの成果になったりとか、先生の成果になったりすると、尚且つ、やりたい事っていうのも基本的には先生の考えに従わなければならないとか、恐らくそういうのが大企業でもあるんじゃないのかなと思って、そうすると自分がやりたい事を制限されてしまうんじゃないのかとそういうふうには考えておりました。

【聞き手】

だったら、自分でそういう支援してくれる所があるんだったら、やった方がいいなと思ったと。

【西川】

はい。

社長プロフィール

President's profile
氏名 西川 徹
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案