株式会社Preferred Networks ~トヨタ、パナソニック、ファナックなどと業務提携するIoTベンチャー~

Vol.6 経営者の役割と人材マネジメント

株式会社Preferred Networks 代表取締役社長 西川 徹 (2015年10月取材)

[もっとみる]

―経営者の役割と人材マネジメント―

【聞き手】

ご自身は今、経営者と技術者としてだと、比率的に言うと感覚的にはどれぐらいなんですか。

【西川】

今は経営者の比率のほうが大きいですね。本当に優秀なメンバーが集まってるのもありますし、もちろん技術的な事は色々教えてもらいながら、自分でも勉強しながらやっているんですけど、やはり組織をまとめて、それで向きをちゃんと方向を付けていく事というのが、今一番重要なミッションかと思っております。

【聞き手】

経営者歴とかで言うと、ほぼ10年ぐらいになられるんですけども、この10年間で自分が経営者として一番大きく変わったなと思われるっていうのは、どういう部分ですか。

【西川】

日々新しい発見っていうのはあるんですけども、主にPFI、Preferred設立するまでというのは、組織をどうするのかという所を学ぶ事が非常に多かったですね。やっぱり会社ってのは、人がやっているものではあるので、人の心を理解する、で人と人とがそのチームワークを組んで何かやってくっていう事を理解する、でそこをどうやって生かすのかっていうのを考えて行くって言うのが、一番勉強して来た所でありまして。PFNを設立してからは、もう本当に事業を如何に加速させるか、成長させるかっていう所で、組織的な所も勿論重要ではあるんですけども、色々資金調達の手段だとかも、工夫しながら事業加速させると、それによってより大きなインパクトを与えて行くと、そういう事に関して非常に色々知見が得られてるというような風に思います。

【聞き手】

ベンチャーの中で経営者って、どうあるべきっていうふうに思われますか。

【西川】

私自身まだまだ未熟なので、偉そうな事は言えないんですけども。ただこの10年間やって来てみて思うのは、やはりビジョンを作っていく、それも技術系の会社であれば、技術的にも面白くて、世の中にもインパクトを与えるようなものを作っていかないといけない。そうすると、その2つを両立させて尚且つ、他の人が予測出来ないような、想像が付かないような、ただ恐らく20年後とかには、訪れているであろうような世界を想像する。それが一番重要かなと思いますね。

【聞き手】

開発系ベンチャーって、皆さん会社に寝泊まりしているようなそんなイメージがあったんですけど。

【西川】

そういう事はないですね、みんな土日はきっちり休んでますし、なるべく残業はしないで欲しいという所っていうのは。

【聞き手】

それは西川社長の方針ですか。それは何故ですか。

【西川】

集中力ってそんなにもたないんですね。本当に難しい事を考えてる時って、1日3時間ぐらいなので、その3時間で難しい事を考える閾値みたいなのがあったら、そこを超えてくれなければいけないので。平均的にそこそこ考えるというのは駄目なので。要はあんまり頭を使わなくても書ける部分っていうのは、それは機械にやらせて自動化すればいいので、難しい部分だけを考える時間を重要視するっていうのがずっとポリシーではあります。

【聞き手】

そうなんですね、何かイメージと全然違いました。

【西川】

なるほど。

【聞き手】

もう30名ぐらいでやってらっしゃる、しかも開発系となると、皆さん土日もなく、夜中までやってらっしゃるのかなと思ってました。

【西川】

たまに夜中までやる事あります。本当に面白い事があるともう止まらなくなるんですよね、手が。そうすると寝るのも忘れてやっちゃうのは、勿論ありますけど、基本的に、勿論今まで、会社作ってから10年間では、夜中まで問い合わせを受け付けたりだとかそういう事っていうのはあったんですけど、そこら辺は出来るだけそういう事はやらなくていいようにしようっていうのを工夫してきて、段々そういう時間は減って来たかなと思います。

【聞き手】

そうなんですね、よく経営の4大要素って、人、物、金、情報って言われてますけども、この4つの中ですと、一番これは苦労してるんだよねっていう所っていうのは、どういう所でしょうか。

【西川】

やっぱり、人ですね、優秀な人を集めるという事が一番難しいと思います。

【聞き手】

今はどうやって仲間集めをされてらっしゃるのでしょう。

【西川】

そこは今試行錯誤してますね、今度例えば10月の今週ですね、採用イベントを初めてしてみたりするんですけども、元々やっぱり人を集めるというのを、人事部があるっていう事でもないので、そこら辺とかどうやって集めたらいいんだろうねっていうのを、社内で議論している段階ではあります。

【聞き手】

先程の話からすると、御社に入社が出来るとなると、スーパーエンジニアみたいなトップクラスの人しか難しいんじゃないかってイメージがあるんですけど、やっぱりその技術レベルの面では、相当高いレベルじゃないと難しいんですか。

【西川】

技術力はそれなりの高さってのは勿論求めるんですけど、それ以上に柔軟性と貪欲に知識を取り込んでいくってその意欲の方が重要かなと思いますね。どんどん分野もやらなければならない事がどんどん変わって来るので、今専門性だけで、そこで例えいくら優れていたとしても、そこで安心しちゃう人はいらないですね。常に新しい分野に飛び込んでいくのを楽しいと思える人であれば、今多少、専門性があまり足りなかったとしても、若さゆえに足りない事って勿論あるんですけど。それでも、意欲の方を重要視します。

【聞き手】

最後に社長が見られる時って、その人のどういう要素をご覧になられますか。

【西川】

人間性はやはり、一緒に働きたいと思えるかで、真摯であるかっていう所は非常に重要視します。

【聞き手】

因みに、御社の社風を、西川社長からご覧になると、一言で言うとどういう感じでしょう。

【西川】

どうでしょうね、結構大学の研究室と部活を足して2で割ったような感じかなと思います。

【聞き手】

なるほど、皆さんプロフェッショナルでありながらも、もうみんなで一緒に何かを作ろうっていう、わいわいとした。

【西川】

チームワークは非常に重要視します。いくら優秀でもチームで働けない人は採らないっていう方針は貫いています。

【聞き手】

そうなんですね、じゃあ一人一人採用するのにも、拘りを持ってこれからも仲間探しをされていくんですね。

【西川】

そうですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 西川 徹
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案