株式会社ウェザーニューズ ~全世界の天候を網羅せよ!世界最大の気象予報会社が見据える次のステージ~

Vol.6 視聴者へのメッセージ

株式会社ウェザーニューズ 代表取締役社長 草開 千仁 (2015年8月取材)

[もっとみる]

-視聴者へのメッセージ-

【聞き手】

最後に、社長や御社に興味をお持ちで、このVTRをご覧になっていらっしゃる、御社に就職をしたいという気持ちを持っておられるような方々にメッセージを一言、頂戴できればと思います。

【草開】

気象の世界は、気象地象も含めてまだ分かっていないことが山ほどあるんですね。技術的には、それこそ雪の予測だってまだまだ不十分。これは別の言い方をすると、まだまだ技術革新ができる分野が山ほどあるのが気象であり、地象の分野だというように私は思います。

しかもその時に利用される技術というのは、例えばビジュアライゼーションの技術、どういうふうに見た目を分かりやすくするか。それから気象ですので、シミュレーションの技術。それから、コミュニケーション、良い情報があっても、分かりやすくリアルタイムに伝える必要がある。そういったコミュニケーションの技術、こういったものの、世界トップクラスのそういった技術を持ってやれるだけの市場だと思うんですね。

ですので、是非そういった部分に興味を持って、そして気象を通じて世の為、人の為に役に立ちたいと思っていらっしゃる方がいるのであれば、ウェザーニューズは本当に門口を広げて皆さんのことを待っているよ、というように思っております。

そしてもう一つ、今私達がこれからテーマとしているエリアの一つはアジアなんですね。ちょうど3年前より第4成長期が始まり、5年間でアジア船は全世界やっていますが、飛行機、道路、鉄道のような交通気象をアジア、ヨーロッパ、アメリカの順番に広げていこうというテーマなんですね。

今そういった中で、まずはお隣のアジアからやっています。アジアはインフラ整備も今途中ですし、気象に関するこういったサービスというのはほとんどないです。ただ皆さんも、ニュース等でご覧の通り、それこそ毎月ベースで、気象・地象に伴う天災これが交通機関の影響を、それぞれのエリアで記憶に新しいのが、台湾新幹線などだと思います。

そういった所に対して、今ウェザーニューズができることを、提案をして回っております。是非こういった所を一緒に自分達もやりたいと、これは日本の方のみならず、アジアの方達に対しても、自分達の国のそういったインフラを守っていく。そういったことを是非一緒に実現したいんだと思われる方であれば、これはウェザーニューズが手っ取り早いですよ、と思っていますので、是非ご問い合わせいただければと思います。

【聞き手】

これからのインフラをつくる会社として、益々ご活躍されることを心から楽しみに致しております。本日は、沢山お話を聞かせていただきましてありがとうございました。

【草開】

ありがとうございました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 草開 千仁
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案