株式会社ウェザーニューズ ~全世界の天候を網羅せよ!世界最大の気象予報会社が見据える次のステージ~

Vol.2 創業の経緯

株式会社ウェザーニューズ 代表取締役社長 草開 千仁 (2015年8月取材)

[もっとみる]

創業の経緯

【聞き手】

この会社の創業は、非常に悲しい出来事からスタートされたんですよね。

【草開】

もう亡くなられておりますが、創業者の石橋さんが、1970年に彼がまだ商社にいた時代に担当しておりました船が、爆弾低気圧によって転覆事故を起こして、これは福島の小名浜沖だったんですけど、非常に残念なことに15名の船員の方が亡くなられたという事故がありまして、その時の陸上側の担当をしていたのが、創業者の石橋さんだったんですね。彼はこの事故を契機に、この船乗りの命を守るということが、自分のこれからのミッションではないかと、宿命なんじゃないかというふうに考え、当時花形だった商社を辞めて、その後ウェザーニューズという会社を創業したという、これがきっかけですね。

ウェザーニューズを立ち上げて、そして天気をベースにして、色々と展開していくプロセスの中で、一つキーワードになるのは、費用対効果だったと思うんですね。天気ですので、勿論100%の精度の情報を提供することはできないので、「なくてもいいのかな」というのを、「あった方がいいのかな」と思ってもらえるように天気予報があるのだと思うのですが、これだけだと、恐らくビジネス化とというのは難しかったと思うんです。

気象庁より多少精度が良いとか、気象庁とどっこいどっこいだったら、別にお金払うまでもないなと。ここに費用対効果というキーワードが一つ入ってくると、そこで初めてビジネスになるということになるんですね。

もう少し具体的に申し上げると、例えばどんなケースでもいいんですけども、当時私達が記憶にあるんですけども、一つ陸上のサービスを行うきっかけとなったのは、今、東京ドームの後楽園球場なんですね。あそこがまだ、ドームがない時代にそれこそ夕方のナイターで、6時から9時の間に雨は降ってもいいんですけど、3mm以上だと野球ができないんですよ。これがあるかどうかを開門の15時までに知りたいというニーズなんですね。

それで、仮にウェザーニューズの情報が当たらなかったらどうするかというと、気象庁さんからの東京都23区晴れ時々曇り、所によって一時雨、さあどうするんだってことを考えながらも、まずやりますかと言ってやったと。ところが時々雨の雨が後楽園に当たっちゃうと、中止になるわけですね。そうすると、用意した弁当から何から破棄になると。それで、例えば一回あたりこの中止することによるコストが、100万円出たとしますよね。こういうのを1ヶ月間で何回あるんですか、それがウェザーニューズの情報を使うことによって、0にはできないかも知れないですけど、仮に半分にできたら、実はこれだけのコストセービングができますと。それを例えば10%の対価でウェザーニューズがサービスをすると、これが費用対効果という考え方です。

ですので、気象庁さんがあるからとか、ちょっと精度が良いからとか、悪いからじゃなくて、ウェザーニューズの情報を使うことによって、どのぐらい自分達は売上が上がったかとか、どのぐらいコストが下がったか。それに見合う対価を私達が頂くというこういう考え方です。この後楽園球場さんもそうですし、その後44市場まで展開しているんですけど、全ての市場にそういう考え方でアプローチしております。

社長プロフィール

President's profile
氏名 草開 千仁
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案