株式会社ウェザーニューズ ~全世界の天候を網羅せよ!世界最大の気象予報会社が見据える次のステージ~

Vol.4 自然災害への取り組み

株式会社ウェザーニューズ 代表取締役社長 草開 千仁 (2015年8月取材)

[もっとみる]

-自然災害への取り組み-

【聞き手】

先程の創業の出発点となった事故もそうですけれど、もし御社のサービスがもっと広く一般にも浸透していったり、個人にも、小さな民間企業にも浸透することによって、起こらなくて済む事故といいますか、それを未然に防ぐというようなことが実現できるのでしょうか?

【草開】

ミッションというのは、私のみならず、ウェザーニューズの社員全員が考えていることですね。あそこに1970年の空港丸の事故の記事がありますよね?

【聞き手】

社内の至る所に、その当時の新聞記事が置いてあるのですね。

【草開】

そうなのです。やはり気象というのは、勿論、その経済性の追求という面で大きな役割は担うんですが、やはりトッププライオリティは安全性なんですよね。ですので、やはり自分達の出している情報が、時には人の命にも関係するんだという、それだけの責任と、それだけのプロ意識を持ってサービスを提供し続けること、これがやはり非常に重要なものですから、1970年の創業のきっかけというのは、絶対忘れちゃいけないと思って、日々毎日仕事をしておりますね。

【聞き手】

近年ですと、東日本大震災。あれももっと早く分かっていればどうにかなったのではないかという、そういった悔やまれるところというのは、皆さん持っていらっしゃる方が多いと思います。

【草開】

そうですね。あれは地震がきっかけに津波ということで大きな被害になったと思うのですけど、地震の予測に関しては、私達も取り組んでいるものの、これもまだまだ、費用対効果どころかもっとその3歩ぐらい前なんですね。一方、津波に関していうと、津波予測はある程度気象庁もできますし、私達もできるのですが、特定の所まで行かないんですよね。

東日本震災以降、ウェザーニューズは気象会社ですけども、自分達のドメインは気象だけでなくて、地象、空象、水象、海象という全てに含まれるものですから。やはりウェザーニューズらしくやるためには、一つはまず、自分達はお客様がいるわけですから、すぐに東北に行って、どういったことで困っているかを聞こうと思いました。当時皆さんおっしゃられていたのは、結局、沿岸作業というのがあるのだけれど、揺れるとまた津波が来るんじゃないかと思って、その度に一回避難すると。それで、結局何も来ない。これの日々繰り返しということなので、予測じゃなくても良いから、『ナウキャスト』というんですけれど、少なくとも来たのだったらそれを知らせられるシステムはないのかと。

それで、津波は時間がかかりますので、例えば、沿岸30キロ先ぐらいで検知できれば、だいたい15分から20分のリードタイムを取るとかができるわけですよね。多くのお客様からそんな話を聞いたので、私達の技術の連中が中心となって、津波レーダーというのを開発しました。

これは船舶用に使われている船舶レーダーという船に付いているレーダーを使って、本来は向こうに船があるかどうかを見るためのもの、これを使って津波が近づいているのだったら、その津波が向こうから来てることを検知する。そんなエンジニアリングすることによって、そういうことも可能だということが分かりましてね。これを今北海道から沖縄まで、沿岸約30か所に全て付けて、津波がもし来たら、大体30キロ先が見えるものですから、30キロ先に検知して、契約していただいているお客様から、今はこのスマートフォンでも見ることができるんですけど、津波が来ていることを、いち早く予見するというそんな仕組みをつくりました。

【聞き手】

やはり事があってからというようになってしまいますが、そういう失敗を受け止めながら、また次起こらないように新しい手を打っていくという、最終的にはそれをやり続けると。

【草開】

やはり気象会社の使命だと思いますよ。例えば、先程津波レーダーのお話をしましたが、もう一つ今、『WITHRADAR』という、ゲリラ豪雨を検知する為のレーダーを、私自身がメーカーの方と共同で80台設置したんですが、この特徴は6秒毎に雨雲を検知するものなんです。

【聞き手】

6秒ですか。

【草開】

はい、もの凄く早いのです。ただこれもゲリラ豪雨みたいなものが発生しない、昔の日本じゃ必要なかったと思います。ところがやはり環境の変化でゲリラ豪雨が発生して、当時雨雲を検知するための気象庁のデータが10分毎の観測だったんですね。

10分だと発生して、下手をすれば、雨が止んでしまうということで、何とかならないのかというようなことを、航空会社や鉄道、道路(会社)などがおっしゃられて、みんなで頭を使って捻リ出そうとしました。最終的に出てきた答えは、飛行機の先端に付いてるレーダーがあって、エアボンレーダーと言うんですけど、これは飛行機が飛んで行く時に、目の前に雨雲がないか見る為のものですので、これで6秒毎に観測しているんですよ。

【聞き手】

凄いですね。

【草開】

これを地上に置いたらどうかというアイデアですね。当然パイロットのためにあるものですから、出てくるデータというのは、赤青黄色ぐらいに簡単なデータなんですけど、もっと細かいデータがなきゃ駄目なので、そういった所のエンジニアリングを行って。これを今80基位日本全国に整備したんですけど、これも言われてみれば、後追いなんですよ。

やはりゲリラ豪雨という今までにないような現象が出てきたので、じゃあこれを捉えて対応策を取るためには、どんな観測システムがいるのだろうかという、こんなことのずっと繰り返しだと思いますね。それでも毎年起こる気象災害に関して、これをいかに少なくするかというのは、これは国だけの仕事ではなく、民間の私達にとっても大きな一つのミッションなんですね。

ですから、ここに対するウェザーニューズとしての取り組みの一つは、今ご説明申し上げたような独自の観測インフラを整備していくというのも一つなんですが、例えそれがあったとしても、その情報を住民の人達が見てなかったら何の意味もないんですよね。

それで、今私達がやっているのは、現在プロジェクトというんですけど、要は、地方自治体の方とウェザーニューズとが一緒になって、ウェザーニューズはウェザーニューズの持っているコンテンツ、それからサポーターの方達の実況データ、行政は行政が持っている、例えば避難所の情報とかそういったものを同じ場所で全部共有して出しましょうと。市民の方、ないしは、県民の方、みんなにそこさえ見ればともかく最新の情報が分かる。

こういった形を、プロジェクトとしてやろうということで、これを更に、今は地方自治体とウェザーニューズだけなんですけども、例えば、そこに交通機関の方にも入っていただくとか、それこそ放送の方にも入っていただいて。ともかく、何か気象災害が起こり得る、ないしはこれから起こる、もう既に起こっている時には、ともかくここさえ見ればいいんだというようなものを立ち上げること。今、我々にとっては重要な課題とテーマかなと思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 草開 千仁
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案