株式会社学研ホールディングス ~赤字部門の学研教室をV字回復!社長が描く、未来の教育とは~

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案

Vol.2 学研転職と学研教室の躍進秘話

株式会社学研ホールディングス 代表取締役社長 宮原 博昭 (2015年9月取材)

[もっとみる]

―学研転職と学研教室の躍進秘話―

【聞き手】

今のこの学研という会社に転職をされるわけなんですけど、転職をしようと思われたきっかけというのはどういった事なんでしょうか。

【宮原】

仕事はやっぱり面白かったんですね。

【聞き手】

はい、何かイメージは面白そうですよね。

【宮原】

そうですよね、やっぱり今でも自分が覚えているのは、自分の最初のオーダーインボイスを変えて、輸出関税含めて検査して、輸出して、その船が出ていくと。20フィートコンテナとか40フィートコンテナが出て行くのが、今でも港から出て行くの見送ったのをすごく覚えてますし、夢もあるしロマンもあるしっていう所。

【聞き手】

グローバルだし。

【宮原】

はい、ただ5年でですね、やっぱりちょっと物足りなくなって、よく建設とか土木の人間たちが地図に残る仕事をやっているんだって、自分達が橋作ったりダム作ったり、地図に残るじゃないですか。そういうの聞いてたりして、何か残る仕事がしたいって言うのが凄く感じてて。で、やっぱりそれだったら医療か教育かなっていう所で、医療の場合はね、ちょっとお怪我されたりだとか、ご病気になられた方を見る、で、教育だと全部見れるんで、教育業界に行こうとして、たまたま学研が募集してたので、応募したっていう形。だから、教育業界っていうのは、自分で決めてました。

【聞き手】

当時は、学習研究社。

【宮原】

略して学研って言ってたんですね。

【聞き手】

ちなみにお子さんの時代は、学研さんの教材というか、私も学習と化学って随分お世話になったんですけども。

【宮原】

私も両方取って、兄貴も両方取って。

【聞き手】

そうなんですね。

【宮原】

で、僕が化学ファンの方でしてね。

【聞き手】

やっぱり馴染みはある会社ではあったわけですね。

【宮原】

そうですよね、やっぱそれが一番大きかったかなっていう、化学のいろんなキットも面白かったですし、凄く親しみ持ってましたから、自分の子供にも取らせてましたし、で、自分の子供学研教室に2人とも通わせてますから。凄く好きな会社ですね、やっぱり。

【聞き手】

どちらかと言うと、ご経歴見せて頂いてますと、学研教室と言いますか、塾の分野と言いますか、そういった所を中心に歩んで来られたのかなというふうにお見受けしたんですが、ご入社された時はどういうお仕事されてらっしゃったんですか。

【宮原】

最初は、最初から学研教室っていう、学研教室っていうのは当時赤字部門で、できたばっかりだったので、正社員がやる業種じゃなかったもんですから、私も勤務地限定職という転勤のない職種ですね、給料その分低いんですけども、入らせて頂いて学研教室の立ち上げをずっとやらせてもらいました。

【聞き手】

当時はいかがだったんでしょう、そのご苦労といいますか。

【宮原】

いやあ、最初はね、もう本当全然駄目でしたよ。どこがやってるかって、まず学研がやってるって、当時の名前は、算数国語教室って名前だったですから、学研教室じゃなくて、だから学研がやってるっていう所から説明しないと、誰も見向きもしてくれなかったですね。ですから、凄く苦労はしました。今は凄く会員数があって、立派に成長してますけど、当時は本当いつ潰れるか分からないような事業体だったのは凄く印象に残ってますね。

【聞き手】

でも実際大変な状況の中から、今やその学研を支えたといっても過言ではない事業に成長させていかれたわけなんですけれども、その成長させる中の、戦略的な所ってのはどういう事を考えてやってらっしゃったんですか。

【宮原】

大学時代に、軍人の勉強もするんですけど、マーケティングとかマネージメントとか勉強してましたし、MBAもね、本当は取りたかったので、取れてはないですけど、あの辺の一式の本は読んで、民間に出る時の覚悟で読んでましたから、だから学研に移るの決まった時も、やっぱ教育業界の流れとか、そういう本は凄く好きなのもあるんですけど、読んで知識を溜めて。で、いわゆる普通にビジネスマーケティング通りやっていって、成功して伸びて行ったっていうのがありますね。

【聞き手】

因みに、外側から見ておられた時の学研という会社と内側に入られてから見たその学研という会社、何かギャップのようなものってのはありましたか。

【宮原】

堅い、厳しい会社だと思ってました。

【聞き手】

実際は。

【宮原】

実際結構、人は本当に良いですね。だから本当に自由にやらせてもらえるっていうのは、凄く面白いですし、へえ、こんなのかっていうふうには思いましたね。

【聞き手】

その大企業然というよりは、割と自由活発に社員にいろんな事を任せてくれる様なムード。

【宮原】

そうですね、自由だと思います。今もそうだと思いますけど。損益は当時より厳しくなってるんですけども、社員さんの発想とかは重視しながら、企画は実行できるようにはなってると思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 宮原 博昭
役職 代表取締役社長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案