リンカーズ株式会社 ~成功率90%超、リピート率70%超。ものづくりに特化したマッチングサービスを提供~

Vol.5 日本のものづくりを変えるリンカーズ

リンカーズ株式会社 代表取締役CEO&ファウンダー 前田 佳宏 (2015年12月取材)

[もっとみる]

―日本のものづくりを変えるリンカーズ―

【聞き手】

リンカーズというサービス、本当に他にはない非常に珍しいビジネスモデルなので、少しこのモデルについてご説明いただきたいのですが。

【前田】

主に我々のお客様の9割が、パナソニックさんとかトヨタさんとかいうような、大手企業ですね。最近だと数億円の売り上げ、あるいは10億円の売り上げの中小企業さんも困られて、我々のサービスを使っているのですが、やはり普段から彼らは技術とか製品を探しているのです、例えば、ある製品をつくり上げるのに100ピースの技術的なリソースが必要だと。97ピース、99ピースは揃っているんだけど、ラスト1ピース、2ピース、3ピースが足らないというケースが日本に多いんです。私が試算するに、年間で約10万件あるんですね。

【聞き手】

そんなにあるのですね。

【前田】

その1ピースがどうしても見つけられないと。ですので、開発が前に進まないというケースがすごくあります。その1ピースは、結構マニアックな技術だったりします。展示会や、Webで色々検索してもどうしても見つからないという。そこを我々のコーディネーター1,300名が300機関をネットワーク化しています。彼らを通すことで、非常に短期間でこれまで見つからなかった技術とか製品を見つけることができるのです。効率的に運営するためにシステムでマッチングをやっています。システムで自動化しているわけではないのですが、いわゆる人のコミュニケーションをより標準化できる部分をできる限りシステム化して、効率的にマッチングをやっていますね。

【聞き手】

そのコーディネーターの方々が持っていらっしゃる情報や知見などを全部データベースにされているのでしょうか?

【前田】

データベースもしていますし、あるいは大手企業さんから「こういった条件でこういう技術を探したい」というような案件が入ってきた時、それを1,300名にシステム上で共有するんですね。そうすると、コーディネーターがその条件を見て、これだったらA社ができそうだ、あるいはB社ができそうだと選別します。

【聞き手】

彼らが考えてくれるわけですね。

【前田】

そうです。それが数10件、2、3週間で上がってくると。数十社ベースに、20社、10社、5社、2社、1社と条件を多段階で設定し、絞り込んでいく。そこの大部分はシステムでやっておりますね。

【聞き手】

それがシステムできるのですね。すごいですね。

すでに始められてから、かなりの数をマッチングさせていらっしゃるということですけども、それによって大企業と全くつながらなかった中小企業さんとかがマッチングされたことによって、いわゆる取引が開始されたと、そういうことがたくさんあるわけですね。

【前田】

かなりありますね。2014年1月にリリースしましたから、まだ1年11ヶ月目ですね、そういった意味だと、非常に短期間で成長していると思います。やはり地元の中小企業って、我々が考えられないような良い技術をたくさん持っているんですよ。1番の問題は、中小企業が自社の技術を強みと気づいてないことですね。誰でもできると思っているんですよ。強みと気づいていないので、強みをベースにして自信を持って、大手企業にどんどん営業するということをやってらっしゃらない中小企業がとても多いんですね。そういったところを我々リンカーズが探し出して、つなげると。そうすると中小企業さんが喜ぶんですよ。なかなかやはり大手企業に対してエントリーバリアがあるので入れないんですね。そこは橋渡しをすると、ものすごく喜ばれます。

【聞き手】

中小企業の経営者の方はある意味、頑ななところというか、自分たちがやってきたことに対する自負だったりとか、後はやはり経営がちょっとしたことによって大きく傾いたりする可能性も高いので、臆病というかわりと人見知りな方が多いですよね。バリアを張っているような。

【前田】

最初にリンカーズに至る、2年位はとても大変でしたが、リンカーズはそこが結局ポイントになっているんですよね。結局その尖った中小企業に信頼を置かれているコーディネーターが間に入るわけですよ。そこのバリアがほとんどないわけです。

【聞き手】

◯◯さんがそういうのだったら、というような感じですかね。

【前田】

そのコーディネーターからの紹介であれば受けますよと。そこが我々のビジネスモデルのポイントでもあります。

【聞き手】

あともう1つのポイントとして、先程おっしゃっていた情報漏洩というところ。皆さんひとつの技術でやってこられて、その技術を外で持っていかれてしまったらもう自分たちはやっていけないという思いがあるので、その技術をもらうための機密情報についての取り扱いに注意を払われていらっしゃる。

【前田】

そこは大手企業と我々も守秘義務契約を結んでいます。コーディネーターも我々も守秘義務を結んでいますので、情報が漏れないようになっていますね。あと5段階評価を行っていますので、大手企業側も中小企業側も情報を小出しにできます。2、3週間になった段階でディープな情報を出すという、そういった仕組みになっているのです。

社長プロフィール

President's profile
氏名 前田 佳宏
役職 代表取締役CEO&ファウンダー

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案