株式会社ダスキン ~卓球部コーチから社長に登り詰めた男が描く「ダスキン」変革絵図~

Vol.6 視聴者へのメッセージ

株式会社ダスキン 代表取締役 社長執行役員 山村 輝治 (2016年11月取材)

[もっとみる]

―視聴者へのメッセージ―

【山村】

ダスキンというと、ダスキンと『ミスタードーナツ』が代表されますが、多くのお客様に認知をいただいています。その中でダスキンの社内というか、加盟店でもそうですが、結構自由に仕事をできる環境に自分としてはやっているつもりですが、なかなかどこまで浸透しているかわからないですが、創業者は1日1日生まれ変わるチャンスなんだということを私たちに示唆をしてもらっていると。ですから、どこか一部のものが決めて全てやっていくということではなく、皆が知恵を出しあって、皆がよりよい会社にしていこう、そしてお客様により良いお役立ちをしていこうと言う集団です。そういう面では、1にも2にも自分を二の次にして周りの人を助けていくんだという気持ちの集団であり続けていきたいなと思っております。とはいうものの、問題がないわけではないんですが、全てに正直であり続けていきたいなという気持ちですね。あとは、これから就職を希望される方がもしおられたら、ぜひダスキンに声をかけていただいて、そうすると北海道から沖縄まで、あるいはアジアも含めてですね、自分のやりたいことを発信して仕事ができるということがあるかと思います。

それから、私はよく加盟店さんにどういう思いがありますかと聞かれるのですが、私は高校のときに先生に教えてもらった、常に志を高く持つことが必要だと思っています。何事も使命感というか志を持って、それを邁進することによってその仕事を成し得ていくし、志が低いとどうしてもそこで止まってしまうので、自分が限界だということを限界だと思わずに常に高い志を持ってそこに努力をしてく。その結果、届かなかったとしても次の高い志をもってやっていくということによって、私は、唯一人間形成ができるのが仕事場だと思っていますので、ぜひ、ダスキン、あるいはどんな仕事についても志を高く持っていくということを願いたいなと思っております。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山村 輝治
役職 代表取締役 社長執行役員

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案