株式会社オープンエイト ~40代で起業!7兆円市場に見い出した活路とは~

Vol.5 心を動かすコンテンツ

株式会社オープンエイト 代表取締役社長 兼 CEO 高松 雄康 (2017年7月取材)

[もっとみる]

―心を動かすコンテンツ―

【高松】

私たちがやっているメディア事業について、簡単に説明したいと思います。どういう思いでこの事業を立ち上げたかというと、ユーザーの気持ちを動かす体験をつくる、というミッションの中で、ほとんどのメディアやインターネット上の仕組みは、最終的にユーザーがものを買うなどのアクションを起こすときの、最終的な後押しをするものが多いんですね。それはいわゆる出口戦略と言われているものです。

例えば、既に欲しい化粧品が決まっている人がそれを比較するためのサイト、既に食べたいものが決まっている人がそれを確認するためのサイト、といったものは非常に多い。ところが、動画というのはテレビや雑誌と同じように、ユーザーの気持ちを動かすきっかけになることができます。それを私たちは、広告事業で実績を上げることで証明してきたのですが、しっかりと中身を追求した上でコンテンツサービスをつくれば、インターネット上に新しい世界をつくれるのではないか、という思いからメディア事業を立ち上げました。

ユーザーの心が動くような新しい「発見」と「体験機会」を提供できるようなメディアビジネスは何なのか、ということを追求していき、それはユーザーを外に連れ出し、経済活動を生み出すこと、すなわち「おでかけ」だと結論づけました。そして、国内最大規模のおでかけ動画メディアを構築しよう、と決意してメディア事業を立ち上げました。

おでかけ領域におけるポテンシャルというのも非常に大きく、私たちの可処分時間はほとんどおでかけに使われ、市場規模は7兆円を超えてきます。非常に大きな市場だな、と思いながら、動画領域ではどういった方が参入しているのだろう、と調べると、おでかけ領域は参入しているプレイヤーが全くいない状態でした。相当参入障壁が高く、おでかけ領域となると当然外での取材も増えるため、お金もかかるし、体制をしっかり整えないといけず、なかなかベンチャーが参入できるような状況ではありませんでした。しかし、だからこそチャレンジのしがいがある、と私たちは考え、国内最大級のおでかけ動画メディア『ルトロン』を立ち上げました。

現在(2017年7月)、月に200本のペースでクオリティの高い動画を作成し、かつそれらを全てストック型のデータベース化しております。動画に関連する情報も保有しており、プロモーションの代わりに色々なメディアに提供しています。

ルトロンのコンセプトは「プチ贅沢」です。プチ贅沢というのは、女性たちが生活の中でちょっとハッピーになったり、楽しくなったり、というイメージで、ご褒美メディアという位置づけとしました。

これを見て分かる通り素晴らしい景色で、僕自身も休みがほしい、南の島に行きたいな、と思いますし、皆さんも同じように感じると思います。

まさに今のように、動画を見て「行ってみたい」「やってみたい」といった気持ちにさせることが僕たちのしようとしていることです。それこそがユーザーの気持ちを動かす、ということで『ルトロン』を立ち上げました。とはいえ、大切なのは仕組みではなくコンテンツです。「Content is King」という言い方をしていますが、動画の中身、特に「スポット」を追求していくことを目指し、スポット情報をとても重要視しています。

また、特徴的なことで言いますと、おでかけの際に活用できるHow to動画、Tips動画という事業も展開しています。この事業では、コンテンツの前後のストーリーが重要になってきます。例えば、お寿司のお店を紹介すると同時にお寿司のマナーを紹介する動画を公開したり、温泉施設を取り上げる前後に浴衣の着付け動画を公開したりしています。女性は浴衣を着る時、可愛く着たいと思いますが、可愛く着るためのHow to動画は分かりやすいものがあまりなかったため、私たちが温泉施設を紹介する前後にその動画を流すことによって、全てがつながっていき、更におでかけがしたくなります。

そして、これも弊社にしかない特徴なのですが、私たちのコンテンツはなるべく普遍的なものであるようにしています。有名なタレントさんなどを起用することはせず、時間が経っても変わらず見ていただけるコンテンツづくりをしています。そうすることで、例えば都内の美味しいカフェ特集のような動画をつくった後に、その中からクロワッサンの美味しいお店だけを抽出してクロワッサン特集をつくることができる。そういった取り組みをすることで、どんどんコンテンツを増やしていくことができます。これも私たちにしかない特徴です。

将来的には、これは全てAIが行うことになります。早ければ年内には、AIが動画を再編集して流す、ということをしていきます。色々な取り組みをする中で、例えば昨年発表させていただいたように、渋谷区観光協会との提携で、『ルトロン』が公認メディアとして任命されており、渋谷のイベントやお店の動画を月30本ほどつくっています。動画であれば言語の壁を超えて渋谷の良さを伝えられる、ということで、一緒に渋谷を盛り上げていこうとしています。こうした取り組みが現在地方自治体に広まっており、「地方創生」「インバウンド」といったキーワードの中で、私たちも微力ながら、宮崎市、栃木県、山梨県とタッグを組み、動画コンテンツをつくって配信しております。

社長プロフィール

President's profile
氏名 高松 雄康
役職 代表取締役社長 兼 CEO

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案