株式会社bitFlyer ~ビットコイン/ブロックチェーンの雄が語る、世界変革の一手~

Vol.4 情熱×実行力×数字

株式会社bitFlyer 元代表取締役 加納 裕三 (2017年9月取材)

[もっとみる]

―情熱×実行力×数字―

【ナレーター】

会社で働いている従業員に対して、“PEN”を重要視しているという。その詳細に迫った。

【加納】

PENは“Passion”“Execution”“Number”の略ですが、やはりまず情熱があるということ。ベンチャーですので、何をやるにしても情熱が非常に大事です。世の中を便利にしたいという思いのもと、本当に時間を忘れるくらい、他のものを全部捨ててでも自分を仕事に集中するだけの情熱が必要だと思います。

次の“Execution”ですが、当社が重視しているのは、やはり実行することです。よくあるのがアイデアで、「これをやれば変わる」とか、「これをやったらできるよ」という人はいっぱいいます。ただ、ほとんどの人はアイデアを出すだけで、実行はしない。ベンチャーも起業もそうですが、「起業したい」とか、「これをやれば簡単じゃないか」と言うのですが、ここにあまりValueはないと思っています。言葉にするのは簡単ですが、それを実際に実行して、期限までにきちんとExecuteして、世の中に出していくというプロセスが非常に難しいのです。当然、失敗もしますし、いろいろな人が絡むのでなかなかうまくいかないと思いますが、それをちゃんとやり遂げる、決められたことをやるということを非常に重視しています。

最後の“Number”については、私が理系出身ということもあって、数字が好きなんですね。「新サービスをやりたい」「こうやりたい」というのではなくて、「これはこれくらいのユーザーが使う。これくらいの費用がかかって、これくらいのリスクで、これくらいの収益が見込める。よって会社としてやるべきだ。社会的なインパクトはこれくらいだ」と、やはり数字で説明することが非常に大事だと思っています。そうでないと意思決定がなかなかしづらいのです。「どれも素晴らしい」「どれも最高だ」「過去にやったサービスも最高です」というレベルでは、評価もできません。「それなりに最高」のモノの中で、「より最高」なモノと、「まあまあ」なモノを分けて、より高度なモノをつくり続ける。そういったことをするためには、やはり数字で評価をしていくという点を、重視しています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 加納 裕三
役職 元代表取締役

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案