株式会社ベジテック ~品質管理部門の利益創出に成功した大改革の全貌~

Vol.5 “100億円投資”挑戦に込められた想い

株式会社ベジテック 代表取締役社長 遠矢 康太郎 (2018年7月取材)

[もっとみる]

―“100億円投資”挑戦に込められた想い―

【ナレーター】

2018年3月期、売上高が700億を超えたベジテック。今後の展開の1つとして、100億超の投資が控えているという。その挑戦に込めた想いとは。

【遠矢】

この大きな投資をやらないでも過ごすことはできますが、3年後ではなく、10年後、15年後、20年後を考えるとぼうっとしている暇はないのです。今取得した資格は、取得するまでに大変な経費がかかっています。でもそれを生かすためには更に勉強し、そしてそれに伴った設備投資が必要になり、そして人を育てていく。非常にお金がかかるわけです。でもそれをやり続けることが安全の保障につながると思えば、やらなければならない。やれることについては極力みんなにやらせようと思っています。その中で、出てきた失敗や色々なものを直視して反省をして、次のステージに向けて投資をしていければ良いのではないかと思います。そこが当社の、今もそう、これからも続けていく糧になるだろうと思ってます。

【ナレーター】

挑戦をする中で反省も生まれる。しかし、その反省の生かし方次第で人も企業も次のステージへと進むことができる。その想いのもと、ベジテックはこれからも進化を続けていく。

【遠矢】

ずっと心に決めて取り組んでいることは、次世代のために今、困ったことがあればできる限りのことをしようと思ってます。今当社も、僕がきてからずっと大卒を20名以上採り続けていますけれど、この子たちが30歳、40歳、50歳になったときに、先をみて希望をもってやりぬけるような会社にするために、鋭意努力をしていくしかない。常に自分で難しい問題には入っていって、失敗しながらまだ進もうというふうには思っているので、しばらくは頑張ろうと思っていますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 遠矢 康太郎
役職 代表取締役社長
生年月日 1961/7/10
座右の銘 人事を尽くして天命を待つ

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案