株式会社Ubicomホールディングス ~英語・日本語に堪能なエンジニアを900名以上擁する「Ubicom」の次の一手~

Vol.7 笑顔が生み出す力と視聴者へのメッセージ

株式会社Ubicomホールディングス 代表取締役社長 青木 正之 (2019年4月取材)

[もっとみる]

-笑顔が生み出す力と視聴者へのメッセージ-

【ナレーション】

ワールドで当時導入されていた「奥様賞与」という制度を参考に、Ubicomホールディングスでも「家族賞与」という形で同様の制度を取り入れていると語る青木。この制度に込めた想いとは。

【青木】

社長だけが良い思いをするとか、役員だけが良い思いをするとかいうのはあまり僕は好きではありません。苦しい時もありました。ただそれでもやはり社長たるものはお茶漬を食べて、社員のみなさん、仲間のみなさんにはお肉を食べていただくという気概がないとならないと思います。

出資をいただくこともあると思いますが、そういう中でトップがそう(自分だけが楽をする)というのはいかがなものかと僕は思いますね。

【ナレーション】

自身の原動力に「笑顔」と答えた青木。笑顔で過ごせるかどうかが自己の成長やビジネスを成功に導く上でも、重要なことだという。

【青木】

笑う時というのは、楽しい時や嬉しい時、そういう時ですよね。ですからしんどい時は、いわゆる「難ありありがとう」ですね。「難があったらありがとう」。

ほとんどは越えられますから。それは逃げてはだめで、自分で受けた限りはその何倍のリスクを、覚悟を決めて行うことです。

もうひとつは、一足飛びというか、ジャンプはいけませんね。精一杯背伸びをするのです。そうしたら地に足が着いていますから。ずっと背伸びをしていると、人間は疲れます。疲れるけど、鍛えられるのです。

これが慣れてきますので、みなさんもやられたらいいと思いますよ。身長を高くしようとずっと背伸びしていると本当に勝手に少しずつ高くなっていくと思います。ビジネスも同じだと思います。

-視聴者へのメッセージ-

【青木】

自身でマネタイズを起こす、Ubicomのプラットフォームを活用して自分でビジネスを起こすような経営の魂をもって参画いただける、もしくはそういった提案ができる方。若い方でも、明確なビジネスプランを持っていれば、我々としてはそういう人材を求めると思います。

少々高いレベルの言い方をしていますけど、本当に速いスピードで今、大改革がこの世の中で起ころうとしています。また、我々もそれをしようと思っています。

したがってそういった前向きな世の中で、世界を股にかけてこういうことをやってみよう、というような明確な考えのある方であれば、前向きによろしくお願いしたいと、このように思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 青木 正之
役職 代表取締役社長
略歴 1958年生まれ。大阪府出身。85年、株式会社ルモンデグルメ(株式会社ワールド子会社)入社。同社取締役を経て、95年、親会社ワールドに転籍、創業メンバーより直接指導を受ける。98年、子会社の株式会社ワールドクリエイティブラボ転籍により、IT業界に進出。05年、株式会社WCL代表取締役社長就任。同年、株式会社AWS(現 当社)設立、代表取締役会長(現 代表取締役社長)就任。16年6月、東京証券取引所マザーズ市場上場。17年12月、東証第一部へ最短での市場変更を果たす。

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案