株式会社メタップス ~「世界の歪みを正す。」世界を股にかけるベンチャー、躍進の全貌~

幼少期から続く想い

株式会社メタップス 代表取締役 佐藤 航陽 (2015年11月取材)

[もっとみる]

―幼少期から続く想い―

【聞き手】

それではですね、本日は、2015年8月に東証マザーズに上場されたばかり、現在は世界8ヶ国に展開をされています、非常に注目を集めます、若手IT起業家、株式会社メタップス代表取締役CEOの佐藤航陽社長にお話を伺っていきたいと思います。それでは社長、よろしくお願い致します。

【佐藤】

よろしくお願い致します。

【聞き手】

割と自分でこう稼ぐというか、そういったことを子供のころから意識してらっしゃる生活があったと拝見しているのですが。

【佐藤】

そうですね。商売が好きというわけではなかったんですけども、そこを身に着けていかなければならないよねという意識は、子供のころからものすごいありましたね。
元々デザインとかが自分でできたので、そういう領域ではちょこちょこと小銭は稼いでいましたね。

【聞き手】

どんなもののデザインをするんですか。

【佐藤】

ファッション、服もそうですし、もやっていましたし、あとは人が欲しそうなものが何となくわかっていたので、先回りをするということはよくやっていましたね。
高校くらいの時でまだ、インターネットがそこまで今のスマホほど、普及していなかったので、結構地道なコミュニケーションとか、地道な反論拡大みたいな、ことをやっていましたね。それはそれで今の経験には活きたので、よかったとは思っています。

【聞き手】

でもそういやって子供のころから、何か自分の力で作ったものが、お金に変わっていったりするっていう、そこはでも今も通ずるところがあるんですかね。

【佐藤】

そうですね。やはり経済というのはどういうものかというのは結構子供のころから触れる機会が多かったのが、今の経験には活きてますし、お金はどういうメカニズムで動いていて、人間てなぜお金を払うのかというところは、私の興味の対象ではありましたね。

【聞き手】

将来なりたいもの、職業的なところでいうと、どんなところを考えてらっしゃいましたか。

【佐藤】

根本はあまり変わっていなくて、子供のころから歪みというか、侵したというかというものにとても敏感な人間だったと思いますね。

【聞き手】

例えば、格差社会とか最近言われるような。

【佐藤】

も、ありますし、あとは一見当たり前といわれているのだけども、よく見たらそうじゃないなとか。もっともらしい嘘みたいなものが、わたしは気になる人間なので、将来はそういうものを是正するような役割になりたいなと思っていましたね。なので、子供の頃は本当に小学校の頃は警察官とか、中学高校は弁護士でしたし、あとは政治にも興味はありましたね。でも結局は今のインターネットというテクノロジーを使った方が、そういう自分の目的は達成しやすいのではないかと思い今の道を選んではいますけども。根本の想いというものはあまり変わっていないような気がしますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 佐藤 航陽
役職 代表取締役

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案