千房株式会社 ~お好み焼き一筋50年超!成長を続ける「千房」の人材育成術~

Vol.6 未来のつくり方と視聴者へのメッセージ

千房株式会社 代表取締役 中井 政嗣 (2016年8月取材)

[もっとみる]

―未来のつくり方と視聴者へのメッセージ―

【聞き手】

(未来のベースとなる3日間)

ここから先の展開で、ご自身でここまではぜひやりたいなと思っていらっしゃるところはあるのでしょうか。

【中井】

今、私どもに後継者が既に入ってきているのですけれども。

【聞き手】

それは息子さんですか。

【中井】

ええ、そうです。育てているのですが、彼とも言っていることが、店を増やすことが、あるいは売上高を大きくすることが目的と違うねん。千房が現在までこんなことを目指したか。目指していないのです。振り返ったら、こうなっていたのです。ただ、目の前のことは一生懸命いこう。だから、3年先、5年先、事業計画もありますね。書いていますが、その通りにいった試しがないです。でも、そのベースになっているのは、昨日何したぐらい分かっています。あした何するの?ぐらい分かっています。そして、今日、何したの?つまり、この3日。昨日の反省と今日の実行と明日の計画。この3日間がベースなのです。その3日間のど真ん中にいる今日です。今です。この今がどうなの?ということが、将来を約束している。3か月が明くる日来るわけではないわけです。毎日の中で来よるんです。その中で、何か手を打っておけば、必ず3か月後、3年後のそのベースになっているのが今だという、この今をどうしているのということが全てだと思う。

―視聴者へのメッセージ―

【聞き手】

最後に、ぜひ社長の口からメッセージを頂戴できればと思います。

【中井】

ありがとうございます。こういうものは、縁ですから。そこそこいっている人が皆言われることは、「いい人と出会った」「運が強かった」。共通項はこの2つです。ところが、振り返ってみたときに、縁を大事にしておったら、間違いなく運が強くなりました。だから、縁を大事にする。こうやって皆さんと触れ合ったのも、何かの縁ではないですか。これはひょっとしたら、よっぽどの縁かも分かりませんね。この縁を何か大事にしよったら、運が開けますよ。いかがですか。

【聞き手】

本当に今日はお話を聞かせていただきまして、ありがとうございました。

【中井】

ありがとうございます。

社長プロフィール

President's profile
氏名 中井 政嗣
役職 代表取締役
生年月日 1945/9/15

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案