株式会社ビクセン ~手掛ける星のイベントは年間200超。「星を見せる会社」の事業戦略の全貌~

Vol.3 自律の重要性と自身の役割を把握するために必要な要素

株式会社ビクセン 代表取締役社長 新妻 和重 (2019年5月取材)

[もっとみる]

―自律の重要性と自身の役割を把握するために必要な要素―

【ナレーター】

人材に求める要素の一つに、「自ら考え行動すること」を掲げているビクセン。その真意とは。

【新妻】

私自身、「自分の役割を発見して行動を起こすことで価値を問う」というのを一つの仕事の定義にしています。

そういう意味でいうと、まず「自分の役割は何か」ということをきちんと考えることが大事だと思います。それからそれをしっかりと行動に移していくようなことも、もう一つ大事になってくると思います。

最後に大事なのは、それが世の中にとって価値があるかどうかをひたすら考えていくことではないかと思っています。

ですので、そうした仕事の捉え方をそういう形で定義していくと、優秀な人というのはきちんと自分のやるべきことを考えられる人ではないかと思います。

【ナレーター】

自身の役割を発見し、行動を促進するための取り組みの一つに「役割面談」を行っていると語る新妻。その全貌に迫った。

【新妻】

まず役割を考えてもらいます。

ただ、考えるだけではなかなか答えは見つけにくいので、面談で一緒に考えたり照らし合わせたりして、それが周りの期待とどのように合致しているのか、ずれているのかということをきちんと一緒に考えるということは行っています。

ですので、役割を探すところまでを一緒に足並みを揃えて行っていきたいと思っています。その後に行動に移せるかどうかは本人次第です。行動に移せることも一つの才能だと思います。

行動に移せないときは、何が行動に移す上での制約になっているのか、なぜ一歩踏み出せないのかということを、一緒に考えることが必要だと思いますね。

別の言い方をすると、自分に対する客観視ですね。自分がやりたいことだけではなく、自分の役割を考えるというのは、自分の立場や自分が人からどう見られているかということの客観視でもあると思うのです。

「自分」というものと、それが周りからどういうふうに見られているのか。あるいは自分の才能を本当に活かすためには何をしたら良いのかといった、第三者の目、俯瞰したビジネスパーソンとしての自分というものを、もう一度見つめ直したところに答えが出てくるのではないかと思います。

「あなたは何がしたいのか」というのは最初に必要ですが、それ以上に「役割は何か」という問いかけの仕方をして、暗に「俯瞰をしましょう」ということを伝えていければと思っています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 新妻 和重
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案