株式会社ねぎしフードサービス ~ニューヨークにも進出。牛たん定食を広めた創業社長~

応援メッセージ
この社長に直接提案

Vol.1 起業時のエピソード

株式会社ねぎしフードサービス 代表取締役 根岸 榮治 (2014年12月取材)

[もっとみる]

【聞き手】

本日は100年続く企業を目指して経営をされているねぎしフードサービスの根岸社長にお話をお聞っていきます。お話をお聞きする前に、本を読ませて頂きましたが、かなりドラマティックにここまで来られているところを本日はお聞かせください。

―起業時のエピソード―

【聞き手】

もともとご実家も商売をされていらっしゃったのですね。

【根岸】

親父が貴金属店、メガネや宝石を扱う商売をしていました。

【聞き手】

全然、飲食店ではないんですよね。

【根岸】

はい、違います。

【聞き手】

そういうご家庭でお育ちになられて将来はご自身でビジネスをやりたいと小さい頃から考えていましたか?

【根岸】

貴金属店である家業を継いで経営者になることは意識しておりませんでした。

【聞き手】

そこからどういう転機があって起業されたんでしょう?

【根岸】

サラリーマンをいくつか経験していた時に、実家の貴金属店の経営が行き詰まりましてとにかく戻ってきてくれと母親から要請があって立て直しの手伝いをするために実家に戻った。事実上の倒産だったんですよ。時代の変化に対応することができなかったんですね。それで家業が倒産してどうしようかと考えた時に現金商売の飲食店が良いだろうと思い始めました。

【聞き手】

最初はカレー屋さんからスタートされたんですよね。

【根岸】

はい。勉強で通っていた飲食セミナーの主催者から、カレー専門店が良いと言われて始めました。東京の流行っていた建築士も紹介して頂き斬新なデザインの店舗と初めてのカレー専門店という事もあり爆発的に流行ったんです。それから東京で、これから流行りそうな商売もしくはすでにはやり始めた商売を全部見ていち早く田舎で商売を始めるとまた流行る、その繰り返しだったわけです。

【聞き手】

カレー店を増やしていくのではなく色々な流行りそうな業態にどんどん始めるという、今とまったく真逆の経営の手法だったわけですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 根岸 榮治
役職 代表取締役

応援メッセージ
この社長に直接提案