株式会社ねぎしフードサービス ~ニューヨークにも進出。牛たん定食を広めた創業社長~

Vol.6 ねぎしのPDCAとは

株式会社ねぎしフードサービス 代表取締役 根岸 榮治 (2014年12月取材)

[もっとみる]

―ねぎしのPDCAとは―

【根岸】

ねぎしの特徴として、すべて「P」から始まる。プラン・ドゥ・コミュニケーション・アクションのPDCAがあります。これを回しながらねぎしは運営されている。またそれを通じて成長しています。どういうことかというと、普通はプラン・ドゥ・チェック・アクションですね。ねぎしは「プラン・ドゥ・コミュニケーション・アクション」。すべてP(プラン)から参加です。プランから参加すると我が事となり、失敗も成功も自分の成長に繋がっていく。プランから参加して自分の成長に繋げていく、それがねぎしのやり方です。

【聞き手】

P(プラン)からやらせるとなると社長の意図とは違うことが出てきたり、足らないと思ったりすることはありませんか?

【根岸】

故に「理念の共有」が大事なんです。理念を共有し方向性を教育していると経営理念の枠から外れない、あとは自由闊達エンパワーメント、理念共有の範囲内でやってもらうと軸がブレないでしょう。理念を共有すればするほど、そして自由闊達すればするほど自分の成長につながり、会社の成長につながるわけです、だから理念共有が大事だと言えます。

社長プロフィール

President's profile
氏名 根岸 榮治
役職 代表取締役

応援メッセージ
この社長に直接提案