株式会社ねぎしフードサービス ~ニューヨークにも進出。牛たん定食を広めた創業社長~

Vol.4 今後の事業展開

株式会社ねぎしフードサービス 代表取締役 根岸 榮治 (2014年12月取材)

[もっとみる]

―今後の事業展開―

【聞き手】

海外出店を掲げているのを本で拝見しました。

【根岸】

ニューヨークへの出店を考えています。

【聞き手】

ドミナントではない印象ですが、そこはどういうチャレンジですか?

【根岸】

まず第一の夢、東京の食文化にする、それには最低60店舗は必要だろうと考えています。今(2014年11月時点)は35店舗なので後25店舗ですね。ここ10年ぐらいのなかできちんと毎年2~3店きちっと出して全国60店舗、年商約100億円ですね。それも東京・横浜に集中して経営していくこれが第一の目標ですね。その次がニューヨークに5~6店舗出店できたらいいなと考えています。

【聞き手】

なぜニューヨークなのですか?

【根岸】

東南アジアもしくはヨーロッパなどはなかなか出店は難しいと思うのですが、東京と同じくドミナント出店をやるからにはニューヨークのマンハッタンに5~6店舗もしくは10店舗、ドミナントとして出店したい。「東京のねぎし」と「ニューヨークのねぎし」の店長の交流が深められたら経営が楽しいだろうなと思います。

ただしニューヨークに出店するには、まず東京でダントツに一番になることですね。東京で圧倒的なナンバーワンをつくる。ねぎしの牛たんをその会社のインフラもしくは食文化にしたい想いは日本の首都である東京、世界の情報発信基地のニューヨークにやはりドミナント出店でニューヨークマンハッタンのインフラ・食文化にしたい想いですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 根岸 榮治
役職 代表取締役

応援メッセージ
この社長に直接提案