キュービーネット株式会社 ~国内外に500店舗超の『QBハウス』を展開。“時短ビジネス”で業界を変える~

より誇りの持てる職場づくりを

キュービーネット株式会社 代表取締役 北野 泰男 (2015年9月取材)

[もっとみる]

失敗談と より「誇り」の 持てる職場づくりを目指して

【聞き手】

入社されて、勢いとしては出店を重ねて伸びてらっしゃる状況だったと。一見外側から見るとすごいたくさん数を出して伸びているねというような状態でも、その出店を加速させることが社員の方の負担になったりして、辞めて行かれる方がとても多かったと。

【北野】

そうですね。やっぱり当時お客さんからもニーズはすごい高かったですから、我々もここはチャンスだとおもって、出店を月に5店舗とか6店舗、7店舗とか8店舗のときもありましたね。そうすると現場の人達はやっぱり今日はあっちに行って今日はこっちに行ってと非常にストレスをかけてしまっていた時代がありまして。

【聞き手】

そういった方に報いるためにもということで、今は驚きポイント5よりも6の方がすごいかもしれません。本当にこの業界内ではないぐらいの従業員の方を大切にする会社。評価をする仕組みだったりとか、働きやすさを追求していくということにとても力をいれている。

【北野】

やっぱり1つは海外に出た時にすごい感じるものがありまして、日本みたいに国家資格でもなければですね。そういう教育制度もちゃんと整っているような会社がないんですね。その時に2005年に海外に出た時にビジネスモデルで、こんなコンセプトでやるんだ。あとは宜しくとやっていた時期もあったんですね。そうするとスタイリストの人達が、私流、俺流で行って、なんとなくコンセプトと見た目はいっしょなんですけど。我々が日本でしているサービスと程遠い技術も含めてですけど。その時にこれではまずいと。海外の場合はコピー天国ですんで。いろんなQB、僕たちも見間違えるような店ができて行くわけですね。

【聞き手】

類似の。

【北野】

そうすると姉妹店のような扱いなわけですね。もう特徴とか価値観が全然お客さんに伝わってないと。

【聞き手】

本家本元が一体何なのかも現地の方にわからないわけですね。

【北野】

働いている方にもわからないんです。で、これをはじめて2008年か9年ぐらいに見た時にですね。これは会社としてあまりにも放置しすぎていると感じて、働いている人たちにしてもこのままでいいのかって不安を抱えたまま働いている感じを受けたのでやっぱり教育っていうことを海外こそ必要なんではないかと言うことで、日本からスタイリストをつれて行って、ぜひこの人たち。    でも、最初はですね、えっ感じで、とにかく稼げればいいという人達がいたんです。スタイリストってことに対しての誇りが持ててなかった人達が多かったんですよね。で、技術者の人達がはさみの持ち方から丁寧に、全部バリカンで仕上げるのではなくはさみでこうやると形がこんなにきれいになってこんなにまとまるんですよって。実際にやってみると、ほんとやってなるわけですよね。                                                                            やっぱりスタイリストって職業がどんどん自分がどりょくすればするほどいろんなアレンジができて、スタイリストの仕事は楽しいんだとどんどん笑顔になっていくのを横でみていると感じて。日本でもやっぱり皆さん切れるんですけど。技術が高まっていって、それによってお客さんに認められて。で、自分の職業としての誇りが生まれてっていう順回転が、ちょっと体感できていなかったような気もしたんですね。あまりにも忙しすぎて。                                                   で、そういうのを海外でやって組織がどんどん明るくなっていったのを体験できた時に日本でも少しスピードは緩めることが必要なんじゃないかと、いうことで自分が社長になった時に、一旦技術者として誇りを感じられるような取り組みに注力しようということで、今まで出店にすべてお金をかけていたところを教育にシフトしてですね。1人1人と向き合っていったという時期でしたね。

【聞き手】

10分という時間しか御社のスタイリストさんにはありませんので、1分でも1秒でも縮めるためのその設備的な投資とか努力に物すごく力を入れてらっしゃって、そこも業界にはない。

【北野】

そうですね。やっぱり我々の本部としての役割は現場の方々がどんだけ働きやすい環境を作れるか。で、現場の方はお客さんのためにどんだけ、気持ちいい生活を提供できるか。それぞれに役割分担なんですけど。そういう意味では現場の人たちが働きやすい環境って言うのを彼らの話を聞かないとわからないことも多いですね。そこは4年に1回ぐらいですね。全国の猛者を集めてですね。棚のこの位置がバリカンが引っかかって効率が落ちるんですとかいろんな意見を聞きながら、みんなでる繰り上げて行くって感じでやってますね。かつて日本部が作ったものを提供するんじゃなくてですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 北野 泰男
役職 代表取締役

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案