株式会社ALE ~「人工流れ星」で科学と社会をつなぐ、前人未踏の挑戦の裏側~

Vol.2 研究者の道から世界的金融グループへ就職した理由

株式会社ALE 代表取締役社長/CEO 岡島 礼奈 (2019年7月取材)

[もっとみる]

―研究者の道から世界的金融グループへ就職した理由―

【ナレーター】

ホーキング博士の書籍との出合いを機に研究者を志した岡島は、その後、東京大学へ進学。天文学科を卒業後、同大学院理学系研究科天文学専攻にて博士号を取得し、ゴールドマン・サックスへ入社した。

なぜ研究者から世界的金融グループへの就職を選択したのか。

【岡島】

天文学をはじめとする基礎科学というのは、人間が好奇心を持ち続けている以上絶対必要な学問だと思いますし、天文学とか物理学の発展自体が人間の生活にイノベーションをもたらすものだと強く信じていて。

そういう中で、「基礎科学は役に立たない」と切り捨ててしまう世の中は違うと思っていたというのが、選択の理由としてあります。

指導してくれる基礎科学分野の先生を見ている中で、非常に優秀な先生が公的資金以外のお金集めに時間を使っているのが勿体ないと。「研究に没頭したらもっとすごいことになるのに」というような見方をしていました。

自分は起業もして、少しうまくいっていた経緯がありましたので、もしかすると私は大学の研究者として科学に専念するよりも、科学を用いて利益を創出するという道で役に立てるのではないかという想いがずっとあったんですよね。

また、大学在学中にしし座流星群を見て、アイデアの種として「流れ星」というビジネスのアイデアはありました。

「私はこれからどうしようか」と考えたときに、いつか流れ星をきちんと事業にして、科学とエンターテインメントを両立させ、ビジネス化させるという新しい道をつくりたいという想いと、そのために自分に何が足りていないかと色々考えたときに、お金でお金を生んでいる最先端の資本主義の現場は何をしているのだろうかと思って、ゴールドマン・サックスに入社したんですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 岡島 礼奈
役職 代表取締役社長/CEO
生年月日 1979年2月19日
略歴 在学中に、サイエンスとエンターテインメントの会社を設立。2008年ゴールドマンサックス証券株式会社入社。2009年新興国ビジネスコンサルティング会社設立。2011年株式会社ALE設立。
愛読書 「三体」劉 慈欣 著

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案