株式会社フェイスネットワーク ~夢の実現をサポート。業界の枠組みを超えた不動産投資の新たなカタチ~

Vol.2 金融機関の退職を決断した真意

株式会社フェイスネットワーク 代表取締役社長 蜂谷 二郎 (2019年5月取材)

[もっとみる]

―金融機関の退職を決断した真意―

【ナレーター】

営業職として多くの顧客の支援を行い、順風満帆な日々を送っていた蜂谷だったが、ある経営者との出会いが、蜂谷の人生を変える転機となった。

【蜂谷】

27歳くらいの時に出会った、アパレルと飲食店を経営されているオーナーさんです。業種によって、経営が順調に進んでいる社長とそうでない社長がいらっしゃいますが、なぜ順調なのかが自分の中でも結構わかっていなかったので、そのオーナーさんにお話を伺う機会が多かったのです。

難しいことではありますが、ほとんど自分軸で物事を考える方が多く、100%他人軸で物事を考えられる経営者は意外と少ないと思っていました。

ただ、そのオーナーさんはそこを持っていらっしゃる方だったので、やはり自分自身とってみてもそういうような人間像というのは、自分がどんな仕事に携わっていくにしても、「人として在りたい姿」だと思ったのです。

その社長とはいまだに親しくさせていただいております。

【ナレーター】

バブル崩壊後、自分だからこそできる仕事をする機会が徐々に減り、この業界に自分が存在する意味について熟考した結果、金融機関からの退職を決断。その決断に込めた想いに迫った。

【蜂谷】

私は雇われている時からそうだったのですが、「〇〇信用金庫の蜂谷さんと取引をしたい」という人間関係をつくるのではなく「蜂谷さんとお取引をしたいと思われる信用金庫マン」で在りたいと思ったのです。

ですから、私はいつも「蜂谷です」と言いながら名刺を配っていました。例えば6時過ぎたら裏に電話番号書いて、「この電話番号だったらつながりますので」と言って、もし蜂谷を必要としてくれる人がいるのならば、その人たちをサポートしたいと思って仕事をしていました。

実際、必要といてくれる人たちが数多くいました。知らないこともたくさんありましたけど、逆にいうとそういった小さいチャンスをいただいて、まだやったことのないことを自分の中でどんどん経験として蓄えていったので、ある意味非常にお客様と一緒に良い経験をさせていただけたという形です。

やはり人生というのは、常にトラブル解決だと思うのです。それは私生活でも事業でも同じです。

今でも常にやっていることなので、苦労の大小や、出来事の大小は別として、常にトラブル解決をずっとしてきています。その中でお客様のトラブル解決も一緒にしているのです。ですから、必要としていただけるという形です。

社長プロフィール

President's profile
氏名 蜂谷 二郎
役職 代表取締役社長
生年月日 1969/10/2
略歴 ◼1988年 某金融機関に入庫
12年にわたり、融資担当と して 5,000 件 を超える案件を扱う
◼2001年 有限会社フェイスネットワークを設立
◼2006年 株式会社フェイスネットワークへ組織変更
◼2018年 東証マザーズ上場

現在に至る
座右の銘 「根拠なき自信」 「成功者は準備無き者を助けない」
愛読書 「鏡の法則」「心眼力」

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案